発音の目指すべきゴールはネイティブと同じ… ではない

いろんな国の方の英語を聞いていますし、私自身は普段は日本語を話しています。

それでも、意外と日本人の英語が比較的聞きにくいと感じています。

多くの人が、ネイティブっぽくしようとしているように思え、それがかえって聞こえにくくしています。

ここでは、やらない方がいいことをいくつかあげます。

なんでもかんでも巻き舌にしている

たとえば、

I ~ や Oh ~ や Well ~ など、なぜか巻き舌になっている。

どこにも ”R” がないのに巻き舌になってしまうと、聞いている方は困惑してしまいます。

 

R っぽい発音をしようとすると、どうしても口がすぼみます。

そのため大きく口をあけることができなくなってしまい、モゴモゴとしたサウンドになります。

この際、いさぎよく舌を巻くことは一切忘れ、大きく口を開けるようにしてみませんか?

 

そして R のときだけ、舌を巻くように意識してみてください。

子音や母音ひとつひとつについて、どんな音なのか、舌はどこにあるのか。

また、唇はどうなっているのか、歯はどこに触れているのか、触れていないのか、

といったことを知るともっと英語らしい音に近づきます。

つなげようとしているのか、途切れない

確かに、英語の単語と単語はくっついて発音されます。

そして違う音に変化したりします。

 

恐らく、そのことを知っているからこそ、単語をつなげ続けてしまい、お経のように聞こえるときがあります。

聞えてくる英語は、頭の上を通り過ぎ、そして頭の中にはなにも入ってこないのです(泣)

 

会話ではあまりこういうことはないのですが、機内アナウンスでよく聞く英語です。

 

リズムやイントネーションがないと、英語は極端に聞きにくくなってしまうのです。

 

案外、とつとつと話す人の方がわかりやすいのはこのためです。

 

まとめとして

大人になってからでも発音の改善は可能です。

雰囲気だけを英語っぽくするのではなく、英語の音について体系的に学ぶと劇的に伝わりやすい英語に変わります。

英語の発音の相談にも乗っておりますので、ぜひご相談ください!

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。