英語で話すときのコツ – 「そもそも」を考えるといいのはなぜ?

英語を話すとき、「そもそも何が言いたい?」

と自分に問うのがいい、ということを聞いたことはありますか?

これには大きくふたつの理由があります。

ひとつは、簡単な単語で話せるようになる。

もうひとつは、英語らしい表現になるということです。

簡単な単語で話す、とはどういうこと?

たとえば、こんなことを英語で言いたいとき、どうしますか?

彼女の演奏は観客を一体にし、忘れられないものとなった。

うーん、、、悩んでしまいますね。

 

 

しかし、「そもそも」を考えると、

「演奏が素晴らしかった」ということを言いたいのだとわかります。

そこを切り口にするとこんな感じでどうでしょうか?

Her performance was wonderful. 

All the audience enjoyed the show.

少々ニュアンスが違いますが、素晴らしかったということは伝わると思います。

受験の英語ではないので、細かいところが違っていても間違いではありません。

このように、「そもそも」を考えることで、

早く英語にすることができ、難しい単語を使う必要がありません。

「そもそも」を意識するとなぜ英語らしくなるの?

英語で文章を書くときもそうなのですが、

述べる順序が核心から周辺へ、という構造になっています。

 


英語は核心から周辺へ

We had a nice dinner at a hotel restaurant congratulating my birthday.

 

これが日本語になると、周辺から核心へという方向になります。

私の誕生日のお祝いに、ホテルのレストランで素敵なディナーをいただきました


オレンジの太字部分が核心部分です。

英語の場合、核心すなわち「そもそも」部分を先に述べるわけです。

というわけで「そもそも」を考えて先に言えば英語らしくなるわけですね!

英語でも周辺から核心部分へ、という話し方ができなくはないのですが、

きっと聞いている方が苦しくなってしまうでしょうね。

まとめとして

英語を話すとき「そもそも何を伝えたいのか」を考えよう!

日本語とは語順が違うということを理解することで、

もやもやせずに楽に話せるようになります。

 

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。