電話に出たら英語だった!さぁどうする私

日常的に英語の電話がかかってくるような職場だったら慣れているでしょうが、そういう職場に転職した、あるいは、ごくまれにかかってくるようなところだと、電話の向こうから “Hello!” と聞こえてきて「どっきー!!」

何度か中国に電話をして、英語で話すとガチャ!と切られてしまったことがあります。

こういうのは失礼ですよね。

ではそのとき、あなたならどうする??

相手がだれか?そしてリスニングに自信があるかどうかで対応は変わる

おそらく、相手は名乗らない場合も多いです。

それに名乗ったとしても、初めての相手だと、聞き取ることは難しいと思います。

とりあえず、そこはスルー。

ーー リスニングに自信があるなら、

Hello, this is XXX Company, how may I help you?

と言いましょう!

ーー リスニング自信なしだったら、

Hello, who would you like to speak to?

でいきましょう。おそらくあなたの会社の話したい相手の名前を言ってくれます。

大事なのはゆっくりでいいのではっきりと言うことです。

もぞもぞ言っていると相手に聞こえません!

お相手の名前を聞くときは

May I ask who’s calling?

これを聞いたら、めっちゃ集中!

覚えたままを取り次ぎ相手にいいましょう。

いいリスニングの練習になります。

電話のお相手が話したい相手につなぎましょう

だれと話したいのかがわかったら、

OK, please hold on.

と告げ、つなぎましょう。

もしつなぐ相手が不在だったら

Sorry he/she is ~.

~ の部分は

out of office  外出している

on the other line 他の電話に出ている

not at her/his desk  席を外している

on a business trip  出張中

having day off  休暇中

 

そして以下のように続けます。

He/She will be back ~.

in 1 hour  一時間後に

on October 1st  10月1日に

慣れないとなかなか疲れるものですが、ただでレッスン受けてると思ってがんばりましょう。

もし自分あての電話だったら?

自分あてだった!

こういうこと、担当者になったらもちろんありますよね?

お勤めの会社にもよりますが、ちょっと難しい、と思っても頑張って話すことをおすすめします。

しかし、いよいよ、だめだ、会話では行き違いが発生する、と思ったら

Could you send the information/request by email.?

と、必殺「メールで送ってくれ」で逃げます。

もし会話で意思疎通ができたと思っている場合でも、メールは送っておいた方がいいでしょう。

あとで「言った言わない」が発生することを防ぐためです。

メールが来たら、相手は多分お急ぎなので、早めに対応します。

そしてその用件について英語で話せるように練習しておきましょうね。

まとめとして

いろんな職場で英語の電話がかかってくることは珍しくなくなっています。

そのときのために、失礼にあたらない対応ができるように、練習したり、上述したような内容を机に置いておくといいですよ!

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。