テレビ、パソコン、元は英語だけど通じない!カタカナの言葉は要注意

オリジナルが英語で、それが外来語として普段から使っている言葉、たくさんありますね。

ティッシュ、トイレ、バスルーム、ナイフ、ポンプ、ガソリン、パソコン、マウス、ライト、バッグ、ポッケ、ノート、ポストイット、スマホ、テレビ… もう本当にたくさん

これら、そのまま言っても多分通じない… これは厄介です!

カタカナ英語を捨てよう!

ホッチキス… これは違う?

英語では stapler

元は、この事務用品の発明者の名前

からきているようですよ。日本では普通に

使われるこの言葉、海外では全く通じません。

 

やはりカタカナで表記される言葉は

そのまま言ったのでは通じない可能性大です。

また、発音を直しても通じない単語もたくさんあります。

ガソリンスタンド gas station

ナイター night game

パン bread

テレビ TV

ナイーブ sensitive
(注意:英語の Naive は「世間知らず」という意味で
使われどちらかというとあまりよくない印象です。)

このように、英語だと全く違う場合は、

いくら一生懸命アクセントを変えてみたり、

音を英語っぽくしてみても伝わりません。

カタカナの言葉については、

「え?そうなの?英語ではこう言わないの?」

という言葉が多くあるので、よほど自信があるもの以外は辞書で調べましょう。

発音が違うものはもっとたくさんある

発音・アクセントが違うというものは、さらに多くあります。

インターナショナル  international
英語では n のあとの a にアクセントがつきます。

アレルー allergy
英語では日本語のの部分がに近い音です。
また、アクセントが a にあり、「あるジィ」と聞こえます。

ホテル hotel
アクセントが e にあり、o はオというよりオゥと発音するので、
「ほぅる」と聞こえます。

ビタミン vitamin
最初の i は ai と発音するので、「ヴァィタミン」となります。

こういった発音が違うのも、スペルを

覚えていても会話では通じないことが

あるので厄介ですね。やはり、辞書をチェクしましょう。

辞書と仲良くなろう

最近はネットで検索すると、

発音も出してくれるものが多いので

調べたらぜひ音声もチェックするようにしましょう。

辞書で調べる際には発音記号とアクセントの位置も

調べて、その場で何度も練習してまでの

思い込みを捨てましょう。

まとめとして

いろんな国の言葉からできた外来語。

英語のようで英語ではないものもたくさんあります。

そのままでは通じない可能性が多いので、元々が外国語なので覚えやすいですが注意が必要です。

辞書を引くといろんな情報が得られますので、どんどん調べてみましょう!

 

 

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。