抜群のこなれ感は音読で身につける!音読のやり方4Steps

こんにちは!

あなたは英語のトレーニングをするとき、音読はしていますか?

英語がすんなり口から出てくるようになるには音読はとってもいいんです。

会話のチャンスは1日のうちに数分で終わってしまったりしますが、音読であれば読みたいテキストを用意すれば、いつでもどこでもできますね!

ここでは音読のやり方をご紹介します!

  1. 音源を用意する。
  2. よく聞いてメモをする。
  3. 音源に合わせて読む。
  4. 繰り返す。

 

音源を用意する

音読の際には必ずモデルとなる音源を用意しましょう!

CD が付属していたり音声がダウンロードできる教材が必要です。

レベル的には意味のわかるものにしてください。そうでなかったとしても、8−9割わかるものがおすすめです。

 

アメリカの子供用のサイトで音声付きのものもおすすめです!
https://www.timeforkids.com/k1/

 

中級者以上の方には 「CNN English Express」や「多聴多読マガジン」をおすすめします!

時事ネタが多く普段の会話に役立ちますし、楽しんで読めます。

よく聞いてメモをする。

まずは、よーくテキスト(文章)を見ながら聞いてください。

 

そして、テキストにメモを入れて行きましょう。

 

強く言っているところつながっているところ、を特にメモしていきます。

 

次に、短い文でしたら2つか3つの文をひとまとまりにします。

長い文でしたら文をカンマの場所などで分割します。

音源に合わせて読む

シャドーイング(聞いた音を少し遅れて声に出していくこと)をしましょう、とよくいわれますが、初心者にはあまりおすすめできません。

 

覚えておくことと、声に出すことを同時に行わなければいけないからです。

 

したがって、まずはオーバーラッピングといってテキストをみながら「音源に合わせて読む」ようにします。

 

もし音源のスピードについていけないようであれば、再生スピードを操作できるアプリを使用して行いましょう。

 

慣れてきたらシャドーイングにも挑戦してください。

繰り返す

繰り返し繰り返し、音源の真似をして練習することでリズムが身につきます。

 

同じことを繰り返すのは初めはちょっとつらいけど、10回もやればだんだん調子が出てきますのでこなれてくるまでがんばって練習しましょう。

 

何回くらいが目安ですか?と聞かれますが、最低でも30回、できれば100回は繰り返すといいですよ!

 

まとめとして

いかがでしたか?

 

これまで行っていた音読の方法と違いましたか?

 

メモをするなどは多少面倒ではありますが、この蓄積が数ヶ月先のあなたの英語の「こなれ感」につながりますので、息を大きく吸って元気に音読をしてみてくださいね。

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。