Squirrel など発音しにくい単語、どうやったら自信を持って言えるようになる?

あなたは squirrel という単語を躊躇なく言うことができますか?

 

あるいは、海外旅行へ行くとき、

e-ticket に書いてある itinerary はどうですか?

 

なんじゃこりゃ?と少々とっつきにくい単語ですよね。

 

こういった単語を言えるようになるには、

分解 → 練習 → つなげる

の順序でやっていきます

 

まずは分解する

squirrel [skwˈɚːrəl]

文節で分けると

squir・rel と2文節なのですが、

もっと細かく分けていきましょう。

 

連続する3つの子音

s + k + w

一つ一つ練習してから繋げます。

 

そして後半の [rəl] は r も l も入ってちょっと難しいですが、

これも一つ一つ練習して繋げます。間の母音は曖昧母音なので

まぁ、声出てますレベルでOKです。

 

 

そして2つをくっつけます。

 

 

すぐには難しいですが、このように分解して

練習してからくっつける、というのはネイティブの

子供達がスペルから単語を読むときにやっていることなんです。

 

忘れてはいけない、呼吸法!

こういった細かいところに注力していると、

呼吸法を忘れてしまったりします。

 

そうすると、せっかくの練習があまりいい成果に結びつきません。

いい音を出すためには常に腹式呼吸を忘れないでくださいね。

 

練習をする前にかならず腹式呼吸の練習

 

そして英語の練習中も腹式呼吸ができているか、意識しながらやってくださいね。

 

まとめとして

だれもが敬遠しがちな単語を、スパッと言えると

気持ちいいと思いますよ。

しかもどう読むのかわからないような単語に

出くわしたら、すぐに辞書で調べます。

 

最近はスマホでも調べられれて、

しかも音声付きだったりするから楽に調べられますよ。

発音記号もしっかり確認して、小さい単位に

分けて発音記号通りに練習してからつなげれば、

あなたも発音上級者です!

 

Follow me!