“M” は口を閉じます!

Mom、マンマ、ママ、オンマ

など、各国の言葉で共通するお母さんを表す「マ」の音。

なぜだと思いますか?

“M” は赤ちゃんが発することができる音なんです。

 

コンビニの店員さんのような発音になっていませんか?

赤ちゃんでも発音できる。それは唇さえあれば出る音だからなんです!

 

基本、日本語でも「まみむめも」は上くちびると下くちびるを合わせて発音する音です。

 

そうなっていないと違う音になっているはずなのですが、超省エネ発音になると、唇を閉じない人も見かけます。

 

たとえば、コンビニ店員さんです。

 

「あたたえあすか?』

 

本当は「あたためますか?」です。

 

しかし、「め」は「え」に、「ま」は「あ」になってしまっています。

 

わからなくはないですが…  英語の場合、これはまずないです。

 

“M” は必ず口を閉じます。

 

唇は巻き込まないで

うちの息子に上唇と下唇を合わせて、というと

↓こんな風にになってしまいます。

 

 

いえいえ、そんなに力を入れる必要はありません。

 

軽く口を閉じる。そして、あまり巻き込まないようにします。

 

おおげさにしようとして唇を巻き込むのは NG です。

 

あくまで軽〜くですよ ^^

 

日本語の「ン」と混同しないように

例えば、company はカタカナではカンパニーですが、

英語の場合は m がきてからの p です。

カタカナですと「カン」を言ってからの「パニー」となります。

 

英語、日本語の順です。

↓↓

 

ちょっと細かいことなので、ここまで考えなくても… と思わなくはないですが、m はとにかく口を軽く閉じる、ということを意識していただければいいと思います。

 

また、P や B の場合はこの二つが口を閉じないと出せない音なので、その前は m になります。

 

東京にある地下鉄の駅、神保町も

 

Jimbo-cho

 

です。わかってるね〜、と思いました!

まとめとして

とーっても簡単に思える M の発音ですが、

案外口を閉じていない方をよくみかけますので、一度ご自分の口元がどうなっているか確認してみてくださいね!

 

それから意識しすぎて、くちびるを巻き込みすぎないように注意です!

 

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。