英語の子音と母音はとなりにあると磁石みたいに引き合ってしまうの — 連結(リンキングについて)

リスニングを難しくしている原因の一つは連結です。

 

母音(a, e, i, o, u)と子音(母音以外)がとなりあったときに、前の単語の最後の音と、後ろの単語の最初の音がくっついて、単語単体のときとは違う音になってしまうことです。

 

どんなパターンがあるかみてみましょう!

元の単語だけを覚えていては聞こえてこない!

 

その昔、

“What time is it now?”

をもじった「掘った芋いじるくるな」という名前のお菓子がありました。
(いじるなの間違いなんじゃないかと思いますけどね。)

 

「ほったいもいじるな」とのように聞こえてしまうというのも、この「連結」のせいです。

 

is it の部分、イズイット とは言わず、is の s と it の i がくっついて「じ」のような音になるのです。

 

もう一つサンプルを

 

a lot of

こちらは「あらら」と聞こえます。

 

lot of

オレンジ色の部分がくっついて ト になりそうですが、そうはならず、t は d に近い音になります。この音は日本語の「ラ行」の音にも似ています。

 

舌が、上の前歯の少し後ろ側の天井を軽くたたく感じです。

 

したがって

a lot of people は

ア・ロット・オブ・ピープルではありません。

 

後ろの単語が Y で始まるときはちょっと違う

Y は「子音」ではないの?とと思いますが、

Y は「半母音」といいまして、母音と同じように子音と隣り合わせになると連結がおこり、違う音になります。

 

Could you… くっじゅー

Will you… うぃりゅー

Give you… ぎゔゅー

 

ひらがなで書くとちょっと違和感ありますけど、伝わりますでしょうか?

とにかく you が続く場合は連結が起こりますので、これもはじめのうちは照れてやりにくいかもしれませんが、そういうものなので!!

 

そのように発音してくださいね。

 

まとめとして

 

連結が聞き分けられるようになるには

一番の近道はご自分が声を出して練習することです。

 

それがだいぶこなれてくると、すんなり聞こえてくるはずです。

 

音読の練習をするときは単語をプツプツと切らないで、子音 + 母音は連結の法則を意識して練習します。

 

だいぶこなれてくると、リスニングでも効果が表れますので、地道に練習してくださいね!

Follow me!

小林 明子

発音矯正もできる英語コーチ。「今度こそ英語をマスターする!」という英語学習者に寄り添い、目標達成に導く。楽しんで英語の勉強を続ける方法を伝え、多くの英語学習者で悩みを解決すべく活動中。