楽しく英語ができるようになってしまう3つのこと

英語を楽しく?  うそでしょ?

と思ったあなた、もしかして、学校の授業がつまらなかった記憶が残っているのでは?

穴埋め問題や、単語並べ替えテストなどで、

どうでもいいじゃん!

と思っていませんでした?

はい!私もその1人です。だから何?

みたいな気持ちがありました。

 

もちろん基礎は必要、でも言葉が話せるようになるのに大事なのはそこじゃないですよね?

 

本当はもっと楽しいものなんです。

 

この楽しさを知らないなんてもったいない!

 

多くの人が利用しているこの3つを味方に付けて、楽しく英語ができるようになってみませんか?

 

1. 映画をなめつくすくらい観てセリフを言えるようにする

アメリカやイギリスの映画でお気に入りのものはありますか?

 

ディズニーなどのアニメ映画でもいいです。

 

映画のセリフを言えるようになったら嬉しいですよね?

 

素敵な映画の中には気になるセリフがたくさんでてきます。

 

苦しいとき、悲しいとき、反対に嬉しい場面やなにかを達成した場面などのセリフなど、どんどん覚えてみたくなります。

 

何度も繰り返して自分のセリフにしてしまいましょう!!

 

ところで、チェッカーズのヒット曲の作曲をされた芹澤廣明さんという方がいらっしゃいます。

 

70歳にして、アメリカで歌手デビューされるそうです。

 

テレビでその歌声を聞きましたがネイティブか?と思うような歌声でした。

 

彼は英語を勉強し始めたのが50歳のとき。

 

その方法が、1本の映画を1年間何度も観てセリフを練習し覚えたというのです!

 

もちろん映画だけで、というわけではないのですが、勉強に楽しさをプラスするのが継続するコツなのでしょう。

 

ときおり、「海外ドラマではどうではどうですか?」という質問を受けることがあります。

 

ドラマシリーズは話数が多すぎて、そして面白すぎる!次々に先を観たくなってしまいます。

 

つまり、繰り返し観ることができないという欠点(笑)があります。

 

しかし、お気に入りのシーズン2のエピソード1から4までというように話数を決めれば大丈夫です!

 

2. 歌を感情をこめて熱唱できるまでにする

英語の歌を歌ったことはありますか?

もしかしたら、中学校の英語の授業で歌ったことがあるかもしれませんね。

歌を練習することで得られること

  • リズム感
  • 発音やアクセント
  • 韻の感覚
  • 楽しさ
  • ストレス発散

 

さて、歌を選ぶとき、どんなものがいいでしょうか?

 

息子の中学校では Taylor Swift の Shake it off を歌ってました。

 

かなかHIPな先生だと好感が持てました!

 

かなり速い曲ですけど、中学生たちもなかなかいいノリで歌っていました。

 

同じ歌詞が何度も繰り返されるので、口の運動にとてもいいです。

 

英語の練習という意味ではスローなバラードがいいです。

 

口まわりがよく動くようになったら速い曲にも挑戦してみましょう!

 

オススメはやはり、鉄板のカーペンターズとビートルズです。

 

もちろん!ご自分の大好きなアーティストが一番なのは言うまでもありません。

 

聴こえない部分については歌詞を確認し、実際に声を出して練習してからあらためて聴きます。

 

これを繰り返していると、英語が聴こえるようになりますし、一緒に歌えて本当に気分がいいものです。

 

3. 英語を話せる場所にくりだす

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。

宮本武蔵『五輪書

とはいいますけどね… それは宮本武蔵さんですからね…

 

はい、その通りです。

 

強い意志を持っていたとしても、ずーっと1人で練習していると、目標を見失ったり、つまらなくなってきたりするものです。

 

そこで、基礎トレをやったら、練習試合にくり出しましょう!

 

実は、知らないだけで、とっても安くリアルに英会話を楽しむところがたくさんあります。

 

英会話カフェ、国際交流、イベント、外国人バー、といったキーワードで検索してみてください。

 

思ったよりたくさんの情報が入ってきますので、勇気を出して参加してみましょう。

 

実際に会話をしてみると、「伝わった!」という、普段では得られない感動を味わうことができます。

 

その感動が、「もっと練習しよう」という気持ちにつながります。

 

逆に「うまく話せない…」という、とても悔しい気持ちを味わうこともあるでしょう。

 

実はその「悔しい」という気持ちもとても大切です。

 

悔しさのおかげで「もっと練習しよう」という気持ちになりますし、練習内容もより充実したものにできます。

 

 

外国人の彼氏が欲しい!という方も… 出会いが期待できるそうですよ!

 

最初は「初めての人に会うって怖い(泣)」「参加して全然話せなかったらどうしよう」という方も多いと思います。

 

でも、実際に参加してみると、あの怖さはなんだったのだ?というくらいに楽しめると思いますよ。

結局楽しんだものが勝ち

語学はスポーツと同じ。

 

野球で素振りをしたり、ランニングしたりするのと同じです。

 

その地道な練習もいかに楽しんでやるかで続くかどうかがきまります。

 

どうせやるなら楽しみながらやりましょうよ!

Follow me!